Dr.Thomson

> > >

スーパースライブの使命

スーパースライブの使命は、環境に安全でありながら突出したクオリティーとていねいなサポートをお客様に提供することです。 ホーム・ガーデナーやプロフェッショナルガーデナー、そして、より住みよい家庭とコミュニティー、さらによりよい惑星を創造すること。 私たちは、この両者をむすびつけるための製品づくりをしています。

スーパースライブ創業者 - Dr.ジョン・トムソンの軌跡

 「スーパースライブ」の生みの親、Dr.ジョン・トムソンは、1939年に自宅のガレージで製造をはじめてから、世界中の園芸店で「スーパースライブ」が購入できるようになる72年間を、「スーパースライブ」とともに全米をはじめ世界を旅してまわる人生を送りました。

ミシガン州グランドラピッズに生まれたDr.ジョン・トムソン(John A. A. Thomson)は、彼が10代のとき母親と共にカリフォルニア州ロサンゼルスに移住しました。彼の母は、栄養に強いこだわりを持つ女性であったため、彼は自然に健康と栄養について詳しくなりました。
彼女が、いっそう熱心に栄養の大切を彼に教えはじめたのは、まだ若い彼がテリアのトリマーをやりはじめてからです。この時をきっかけに彼はより一層、健康をたもつための栄養学について、理解を深めるようになったのです。

それから彼は、有名なDr.フリッツ・ウェント(Fritz Went)による「植物の発達をつかさどる化学反応の発見」についての研究発表に興味をもち、南カリフォルニア大学で「バイオ・ケミストリー」を学びはじめました。学生時代からすでに、植物の生長を促進するための製品づくりをスタートさせたことは、ごく自然なことでした。

 典型的な昔かたぎのセールスマンだったDr.トムソンは、育苗家たちを地道にたずねてまわって「スーパースライブ」を広めました。トムソン一家のバケーション旅行は、いつでも営業旅行でもあったので、気づいた時には「スーパースライブ」の営業活動を通じて、彼は全米を横断していたのです。 彼の娘パトリシアは、当時のことをこう振りかえります。「休みになると、家族であちこちに旅行にでかけたものですが、父は旅の途中で素敵な温室や種苗園をみつけると、すぐさま商品の紹介にいくのです。 父は、自身の実例を交えてながら、この商品の使い方や効果を熱心に説明していました。」

Dr.トムソンは、好奇心と探究心が強く、独創的できちょうめんな人物でした。彼に会ったカスタマーは、彼の知識の深さと温かい人柄に信頼をよせ、人と植物の健康についての知識の豊かさに感心しました。彼はクリスマスカードに、「サプリメントと栄養学は、人々を健康にするためのものです。」というメッセージを添え、健康に生きるための実践方法とともに贈っていました。

彼は、長期間にわたって公私ともによい人間関係を築いたので、産業展示会では常に主役的な存在でした。人々は、彼のことを産業界の伝説的人物と評し、とある育苗家のマネージャーは彼に会った時のことをこう語ります。「 TNLA(テネシー種苗造園展示会)に訪れた時のことです。 からっぽの出展ブースの中でジョン・トムソンさんだけが、イスに座ってたことがあります。空港会社が彼の出展用の荷物をすべて紛失しちゃったんだけど、彼は平気な顔で多くの人に囲まれてニコニコと話していました! 」

3人の子供の父親でもあった彼は、栄養学についての知識を愛する家族のために活かすことにしました。 彼は1940年に、多忙な生活を送る人でも日々手軽にビタミンを摂取できるサプリメント ProtectAllLife を開発し、1960年に健康食品ショップをオープンしました。こういった彼のかぎりない探究心が、「スーパースライブ」をロングランヒット商品につなげたのです。

60年間の結婚生活を続けたDr.トムソンは、彼がなしとげた功績のすべては妻ジューンのおかげだった、と述べていました。彼は妻のことを「わが人生の愛と光」、「私の輝かしく、穏やかで、あらゆるところで美しく輝く、愛すべき優しさの泉。」と称賛しました。

Dr.トムソンの開発した「スーパースライブ」は、1940年に開催された世界万博科学産業部門でのゴールドメダル受賞をはじめ、多くの賞を受賞しました。そして2006年には、「芝生と庭」流通協会から「特別功労賞」を受賞しました。

レジェンド

 Dr.トムソンが、電話で一時間にもわたって「スーパースライブ」のくわしい使用方法や、自身が実践している健康方法についてカスタマーに教えることは珍しいことではありませんでした。 栄養学は彼のライフワークであり、彼の生涯が栄養学への情熱にとりつかれていたといえるでしょう。

Dr.ジョンは大変に優秀なセールスマンでしたが、「富とは無縁なんです」と誇らしげに語っていました。 彼が60年以上にわたって全米の種苗家を訪れ、トレードショーに出展したのは、決して儲けるためではなかったのです。
2011年に彼の娘であるパトリシアに経営のバトンタッチをするまで、彼は Vitamin Institute を経営し、数多くのプロフェッショナルなナーセリー、ガーデナーたちに「スーパースライブ」を提供しました。

Dr.ジョン・トムソンの意思を引きついだ、パトリシア

 現在のVitamin Instituteは、2011年にDr.ジョン・トムソンの意思を引きついで、経営者となった娘パトリシア・トムソンの指揮のもと、順調に業績を伸ばしています。パトリシアは、家庭用と海外に市場を広げ、新たな市場を獲得しました。父のつくりあげた高い品質基準を厳格に守りながら、生産ラインの近代化とパッケージのリニューアルをおこないました。さらに彼女は、父の確立した独自のフォーミュラに、新たな成分であるケルプをプラスし、品質をさらに高めました。

こうして世界中のグロワーは、いつの時代も変わらずにスーパースライブで、強く美しく健康に植物を育てることができるのです。

SUPERthrive (スーパースライブ) のページに戻る

スーパースライブ サボテン・多肉植物での使い方のページ
スーパースライブ バラでの使い方のページ
スーパースライブ オーキッドでの使い方のページ
スーパースライブ 盆栽での使い方のページ

スーパースライブ オフィシャルサイトはこちら