Advanced Amino, Silica, PK

> > >

Advanced Amino  〜 アドバンスド・アミノ 〜

アドバンスド・アミノは、プラント体内の代謝プロセスを刺激して、より多くのエネルギーと活力を引き出すバイオ・スティミュラントです。
LEDやCMH(セラミック・メタルハライド)など、Assimilation Light(=炭酸同化促進照明)とよばれる光合成促進効果が高いフルスペクトラム光ランプによる葉焼けダメージからの回復や、予防に最適です。
アドバンスド・アミノに含まれる植物由来のアミノ酸群は、天然酵素による加水分解と、精密ろ過で低分子化されているので、非常に吸収性がよく、高い即効性があります。あらゆる栽培条件において、植物の全生長期間 生長と開花を促進するとともに、本来持つ回復力を高めます。光合成効率を高め、CO2の吸収を促進し、耐ストレス向上によって、花つきと実つきがより豊かになり、根の吸収を活発にします。アドバンスド・アミノは、植物に吸収されやすい遊離アミノ酸が高濃度で含まれているので、すべての作物に最適です。固形・液体を問わず 肥料と組み合わせて与えます。アドバンスド・アミノは、植物がより多くのエネルギーを必要とする、これらのタイミングに最適なブースターです。植物の全生長期間 幼苗期から開花期まで、剪定や挿し木とりをおこなった直後、つぼみや果実の肥大期間に。フルスペクトラム光のLEDランプ・CMHランプ等の強い光からの葉焼けストレスから守ります。

Advanced Amino

効果・特徴
 光合成の効率を高めます。
 CO2の吸収を促進します。
 自然な作用で抵抗力と活力を高めます。
 根の活力を高めます。
 より強く分岐の多い枝に。
 収穫物の品質と収量を増やします。

announceimg

アドバンスド・アミノのご使用方法

アドバンスド・アミノは、生長から開花まで全ライフサイクルで与えられます。LEDやCMHなど強光による葉焼け、酷暑などの環境ストレス、植えかえなどによる根いたみなど、ダメージの症状が出た時は、分量を増やして下さい。

【水やり】
培養液または水1ℓに対して : アドバンスド・アミノ0.2~0.3ml(5,000倍希釈)を加えます。水やり時に毎回与えます。

【葉面スプレー】
葉面スプレーで与えると、より効果的です。水1ℓに対して : アドバンスド・アミノ2ml(500倍希釈)を加え、直射日光の当たらない朝か夕方に葉うらを中心にスプレーしてください。
よく振ってから、ご使用ください。

 

 

 

Advanced Silica 〜アドバンスド・シリカ〜


アドバンスド・シリカは、高純度な水溶性二酸化ケイ素(SiO²) のみを配合した、吸収性が高いケイ酸活力剤です。いままでのケイ酸活力剤とは違い、強アルカリで処理していないため、培養液中の肥料バランスをこわしません。また、高濃縮なので10,000倍希釈で効果があります(水1ℓ : 0.1ml)。

アドバンスド・シリカの主成分である高濃度のオルトケイ酸は、細胞壁と葉の表面に厚いシリカ層を形成して、プラントの細胞を強化するとともに植物本来の免疫力を引き出して、カビ菌など病害菌への抵抗力を高めます。また、シリカをあまり吸収しない性質の野菜や花き類でも、アドバンスド・シリカを与えた方が、リン酸を中心に他の肥料をバランスよく吸収させる効果があります。多くの研究結果から、より活力が高く健康に育ち、収量の増加と品質向上が認められています。

Advanced Silica

効果・特徴
 ストレス耐性をアップします。
 カビ病害菌や、猛暑、日照不足などの天候不順から守ります。
 細胞壁の強化。
 バランスのよい肥料吸収を促進。
 あらゆる培地で使用できます。
 pHアップとしてはご使用になれません。
 収穫物の品質と収量を増やします。

announceimg

アドバンスド・シリカのご使用方法

生長期から開花期までのあいだ(5-6週の果実肥大期間まで)、培養液にアドバンスド・シリカを加えて与えます。 葉面スプレーで与えることも効果的です。ポッティングミックスやココ培地など植物由来の有機培地には、シリカがあまり含まれていません。クレイペブルス(ハイドロボール)に含まれるシリカは、植物が吸収できない不溶性です。アドバンスド・シリカは、シリカが不足しやすい、すべての培地での栽培に最適です。

【水やり】
培養液 1ℓに対して : アドバンスド・シリカ 0.1ml (10,000倍希釈)を加えます。

【葉面スプレー】
葉面スプレーで与えることもできます。水1ℓに対して : アドバンスド・シリカ 0.1ml (10,000倍希釈) の割合で希釈して、朝か夕方,葉にスプレーします。かならず風通しをよくしてください。
ボトルをよく振ってから、ご使用ください。

 

 

 

Advanced PK 〜アドバンスド PK〜


アドバンスドPK は、リン酸とカリウムが 最適なバランスで配合された「トップ・ブルーマー」と呼ぶにふさわしい高品質な開花促進肥料です。 花芽の形成がスタートした開花期から果実肥大までの、全開花期間で与えることができます。

アドバンスドPK は、ピュアで高品質な原料を使用しているため、ヒ素やカドミウムなどの、有害な重金属の心配がありません。収穫の間際まで与えて果実肥大を促進するリン・カリ肥料は、とくに不純物が含まれていないことが食の安全を約束します。ダッチ・フォーミュラをはじめ、ベース肥料の培養液に加えて与えてください。 開花期間と果実の肥大期に重要な働きをするリン酸とカリウムを十分におぎなうことができます。

Advanced PK

効果・特徴
 最適な比率のリン酸 : カリウム
 NPK = 0-12-10%
 pH 値は 中性です。
 室内、屋外を問わず最適です。
 開花期間、登熟期間を最適化。
 収穫物の品質と収量を増やします。
 プラントへの吸収性が高い100%水溶性
 純度が高く高品質な原料を使用

announceimg

アドバンスド PKのご使用方法

開花スタート(花芽が見えたら)から収穫の一収穫前まで、水やり時に毎回与えます。
ダッチ・フォーミュラをはじめ、すべてのベース肥料と一緒に与えることができます。ベース肥料は通常の肥料濃度からスタートしてください。

【水やり】
培養液 1ℓに対して : アドバンスド PK 1ml (1,000倍希釈)を加えます。
ボトルをよく振ってから、ご使用ください。

 

はじめて幼苗期にダッチフォーミュラ(肥料)を与える時は、分量を少なめにし、徐々に表の分量濃度にしてください。スケジュールは養液栽培(水耕栽培、ロックウール、ココ培地など)に適応します。夏野菜・ハーブなどの植物を標準としています。植物の種類や季節によって推奨の肥料濃度 EC値は異なります。オリジナルレシピを与える場合は、必ず培養液のEC値をECメーターなどで測定し管理してください。 肥料成分を含んでいる培養土には、あてはまりません。土壌栽培の場合は(肥料)のみを2倍に薄めて与えます。 肥料成分が固まるのを防ぐために必要に応じて培地を水または活力剤で洗い流してください。