LUMii SOLAR

> >

LUMii SOLAR Fixture 315WとCDMランプ

ルミ・ソーラー フィクスチャー315Wは、植物の生長を最も活性化できるCDMランプ315W専用の、とても軽量でコンパクトなリフレクターとバラスト一体型ランプシステムです。一体型ランプシステムは、電力効率が非常に高く、過剰な負荷によるバラストの短寿命や故障を防ぐことができます。

LUMii SOLAR 315W CDM Lamp 、PROとGROは、すべてのPARスペクトルだけでなく、UV-A、UV-Bの近紫外線からIR赤外線範囲までをバランスよく含むフルスペクトル放射。CDMは、HIDランプ史上、もっとも植物の栽培効率が高いランプです。 PROとGRO が放射するフルスペクトル光は、果実のビタミン類をはじめ、テルペン類、糖分、有効成分の含有量を増やし、高いクオリティーをもたらします。

LUMii SOLAR 315

LUMii SOLAR Fixture 315Wは、バラストに負担をかけず短寿命を防ぐリフレクターとの一体型ランプシステム = フル・フィクスチャーです。 リフレクターは、反射率が高い高効率エネルギー設計で、コストパフォーマンスに優れます。 バラストは、ソフトスタート機能を備え、軽量な最先端のデジタルバラストを装備。 短絡(ショート)防止の安全機能つきで安心です。 すべてのCDM(CMH)ランプ315Wを点灯させることができます。 植物や季節によりますが、ルミ・ソーラーフィクスチャー315W x1台でHPSランプ400W相当、または1m x1m面積をカバー。ルミ・ソーラーフィクスチャー315W x2〜3台でHPSランプ1000W相当が目安です。

announceimg

コンパクト設計

LUMii SOLAR Fixture 315Wは、コンパクトで高効率エネルギー設計です。 LUMii SOLAR Fixture 315W全重量は、わずか 2.5kg(電源コードを除く)。 天井からの設置や高さ調整もひとりで手軽にできて、ストレスがありません。 100V〜240V, 50/60Hz 仕様なので、家庭用100V、200V電源のどちらでも点灯可能です。

announceimg

設置も簡単

LUMii SOLAR Fixture 315Wは、リフレクターと軽量バラストの一体型なので、電源コードを差し込むだけですぐに使いはじめられます。 従来のHPS、MHランプのように安定器(バラスト)を別の場所に設置する手間がいりません。 LUMii SOLAR Fixture 315Wは、とても軽量なので、設置や高さ調整がひとりでも簡単にできます。 吊り下げ具には、ワンタッチで取り付けられて高さの微調整が簡単にできるハンギング・ラチェットが、とても便利です。

announceimg

LUMii SOLAR 315W CDM Lamp GRO

LUMii SOLAR 315W CDM Lamp GROは、HPSやMHランプなど従来の栽培用HIDランプよりも、はるかに太陽に近い光をフルスペクトルで放射します。  フルスペクトル放射は、HPSやMHランプよりも、少ないワット数で光合成効率を上げることができると同時に、栽培エリアや葉面の温度を涼しく保つことができるので、より健康に、よりガッシリとコンパクトに育ちます。 CDMランプは、HPSやMHランプよりも広範囲なPAR(光合成有効放射)が、より強く放射されるので、豊富な収穫につながるポテンシャルの高い苗が育ちます。

announceimg

GROは、4K 生長期に最適

LUMii SOLAR 315W CDM Lamp Groは、4K (4200ケルビン) 青の領域の波長をより多く放射します。 節間を徒長させずにガッシリとコンパクトに育てると同時に、夏野菜の開花を誘引します。 二重ガラスで保護された発光管は、有害なUV-Cをカットする役割もあります。

announceimg

LUMii SOLAR 315W CDM Lamp GRO 仕様

Gro 315W
 PAR(lm) : 31,500
 PPF(μmol/S) : 580
 相関色温度(K) : 4200
 ランプ寿命(時間) : 20,000
 点灯方向 : 任意
 口金 : PGZ18

announceimg

LUMii SOLAR 315W CDM Lamp PRO

LUMii SOLAR 315W CDM Lamp PROは、HPSやMHランプなどの従来の栽培用HIDランプよりも、はるかに太陽に近い光をフルスペクトルで放射します。  HPSランプよりも大幅に広い範囲の波長をバランスよく放射できるので、プラントのムダな間延びを抑えて、光効率を高めます。さらに、HPSランプよりも放射熱が減り、プラントを涼しく保つことができるので糖分、栄養価、成分の含有量を増やして、品質を高めます。

announceimg

PROは、3K オールステージ対応で特に開花期に最適

LUMii SOLAR 315W CDM Lamp Proは、3K (3200ケルビン) オレンジから赤の領域の波長をより高く放射し、GroよりもPARを多く放射するため開花期用として紹介されていますが、生長から開花までオールステージに適しています。二重ガラスで保護された発光管は、有害なUV-Cをカットする役割もあります。

announceimg

LUMii SOLAR 315W CDM Lamp PRO 仕様

Pro 315W
 PAR(lm) : 37,800
 PPF(μmol/S) : 600
 相関色温度(K) : 3200
 ランプ寿命(時間) : 20,000
 点灯方向 : 任意
 口金 : PGZ18

announceimg

LUMii SOLAR CDM .  Can't go wrong with that!

“ LUMii SOLAR CDM  なら、まちがいない! ”

LUMii  SOLAR Gro と Proは、HIDランプ史上、もっとも太陽に近い光である「フルスペクトル」をバランスよく放射するCDMランプ です 。

現在、欧米のグロワー(栽培者、農業生産者)たちが、「フルスペクトル」なランプへと次々に移行しているのには、大きな理由があります。 「 植物は太陽光とおなじフルスペクトルの光で育てると、もっとも健康に生長し、もっとも高いクオリティーの果実を実らせる 」ことを実感しているからです。

 

上図の「- - - - 太陽光スペクトル」の曲線のとおり、太陽光は、なだらかな丘をえがきながら紫外線から赤外線までのフルスペクトルを、とぎれることなく連続して放射しています。 しかし、現在まで植物栽培用に使われてきたランプは、上図の「- - - - PARスペクトル」を重視していたため、「 HPSランプは、赤色光 」、「 MHランプは、青色光 」のように、光合成色素がもっとも吸収する光スペクトルだけを強く放射し、それ以外の光は光合成にとってムダ、と切り捨てられてきました。「 PARスペクトル」とは、光合成色素の吸収ピークとなる光の色をつなげた曲線です。

LUMii SOLAR  315W CDM ランプ PRO とGRO は、 400nm〜700nmのPAR (光合成有効放射) スペクトルすべてを、バランスよくパワフルに放射できます。 さらに、その放射はPARスペクトルを超えて、300nm〜400nm の UV-A、UV-B 近紫外線から、830nm〜1000nm 範囲のIR赤外線まで広範囲にわたります。 近紫外線UV-AとUV-Bには、光合成促進、徒長防止、免疫力と抗ストレス力の向上、そしてビタミン類やテルペン類、抗酸化成分の合成を促進して含有量を増やすなど、収穫のクオリティーを高めるために欠かせない働きがあり、赤外線IRには、苗の健全な生長促進、果実の肥大促進など重要な働きがあります。

そして、多くのグロワーがHPSランプからCDMランプへ切り替えているもっとも大きな理由は、CDMランプはHPSランプよりも低いワット数で同等、またはそれ以上の栽培効果があり、コストパフォーマンスに優れてることを実感しているからです。

 

 

CDMランプとは、史上もっとも太陽に近いHIDランプ

そのランプの光が、どれだけ太陽光に近いのかを 1〜100の数値で評価したものが演色評価数(CRI)で、太陽光が最高値の 100 となります。 つまり、CRIが 100 に近いランプほど、太陽光に近い光スペクトルを放射できることを意味します。
CDMランプは、今までのHIDランプのなかでもっとも太陽光に近いとされてきたMHランプよりも、さらに太陽光にかぎりなく近い CRI数値 90 です。

  • 太陽光 : 100
  • CDMランプ: 90-92
  • MHランプ:60-65
  • HPSランプ:20-30

 

CDMランプは、HPSランプをしのぐ次世代栽培用ランプです。

CDM = セラミック・ディスチャージ・メタルハライドは、CMHセラミック・メタル・ハライドLEC = ライト・エミッテング・セラミック、とも呼ばれています。

すべての呼び名に「セラミック」が含まれるように、CDMランプのもっとも大きな特徴は、発光管が「セラミック」でできていることです。 セラミック発光管は、従来のHIDに使われていたガラスなどの発光管よりも、高い圧力と温度、経年劣化に耐えられます。 そのため内部の金属をより強く、より明るく、より広いスペクトルで発光させることができるうえに、ランプの寿命末期でも80%の明るさを保ちます。

HPSやMHランプと比較すると、以下のような多くのメリットがあります。

  • フルスペクトルのLUMii SOLAR CDMランプは、HPSランプよりも低いワット数で、同じ栽培効果があります。 季節や環境、育てる植物の種類により左右しますが、LUMii SOLAR CDM  315W  x1台が HPSランプ400W、LUMii SOLAR CDM 315W  x 2〜3台がHPSランプ1000W に相当します。 同じ広さの栽培エリアで従来のHPSランプからCDMランプに切り替えた場合、消費電力を 約20〜30% 減らすことができます。 同時に発熱量も下がるので、高温による植物へのダメージ損失を減らせるうえ、温度調節のためのコスト削減につながります。
  • LUMii SOLAR CDMランプは、HPSランプよりも経年劣化に強く、寿命末期まで明るさがほぼ低下しないので、HPSランプのように短期間でランプを交換する必要がありません。 HPSランプよりも、ランニングコストを下げることができます。
  • 二重構造のガラス管が、刺激が強く植物にも人体にも危険なUV-Cをしっかりカットします。 植物を安全に活性化。