Tama PlantFood

> >

Tama PlantFood 活力剤

タマプラントフード 活力剤は、水耕栽培・ココ栽培・土耕栽培用の、すべてのベース肥料と組み合わせて培養液をつくることができます。

Fish-Bone

フィッシュ・ボーンは、根の生長促進活力剤です。細かな根毛がたくさん発生します。挿し木(クローン)の発根促進、または幼苗期から生長期にかけての期間が、おもな使用時期です。挿し木や、植えかえなどで根が傷んだ場合には、葉面スプレーが大変効果的です。

announceimg

Cal-Magurt

カルマグルトは、吸収性と即効性の高いカルシウムとマグネシウムのコンビネーション活力剤です。日本の水道水でハイドロポニック液体肥料を希釈する際、水道水のEC値が0.2以下の軟水であることが多いためCal-Magurtを加えると、ハイドロポニックスでの標準水道水である「ノーマル・ウォーター」のEC値に合わせられます。 Cal-Magurtは、ココ栽培で不足しやすいカルシウムとマグネシウムを補うことができます。

announceimg

Flavory-in

発酵でつくられたフレバリンは、化学成分を一切使用していない最強で安全な開花促進活力剤です。発酵プロセス中は、1ミリリットル中に数億もの有用微生物が、爆発的な増殖をします。天然の植物ホルモンをはじめ、核酸、アミノ酸、ビタミン類、抗酸化成分が、植物の開花を促進します。

announceimg

Tama PK

Tama PKは、理想的なリン:カリ比率 6:12 にオーガニック成分をプラスしました。収穫物をバルクアップさせるための開花促進肥料です。開花用ベース肥料の培養液にTama PKをプラスすると、植物が開花に適したバランスへとスピーディーに切り替わります。Tama PKには、肥料吸収を促進してテルペン類を増加させるノルウェーケルプ、フミン酸、糖などのオーガニック成分を配合しています。

announceimg

Crystal Up

クリスタルアップは、培養液中で吸収されやすいケイ酸とカリウムの高濃縮なアルカリ性活力剤です。水耕栽培で開花期の培養液タンクのpHが酸性にかたむく時に、pH調整として最適です。次世代のpH値アップ剤として優れているだけでなく、光合成能力や肥料の吸収促進、耐病性と耐ストレス性を高める効果が高く収穫量を増やします。

announceimg

Truckin’

トラッキンは、微量ミネラル活力剤です。葉の窒素を燃やし、花つきよく大きくオイシく育てられます。継続的に与えることで細胞の老化を抑え、ウドンコ病などのカビ病が出にくくなります。微量ミネラルが不足しがちな水耕栽培で、とくにおススメです。

announceimg

Bug Frosta

バグ・フロスタは、土壌や培養土、ココ培地、ポッティング・ミックス培土に使用する土壌改良剤です。パワフルな制菌作用を持つ放線菌をはじめ、コウジカビ、酵母、乳酸菌など植物を守って育てる有用菌がギッシリとつまっています。土の表面に置いたあと、軽く土をかぶせて通常の培養液を与えると、数日後にはまっ白でフワフワとした菌糸が出現します。植えかえや定植のタイミングで使用します。 ココ培地、ポッティング・ミックス培土栽培をはじめ、土壌やプランター栽培などくり返し同じ土を使う場合に最適です。

announceimg

タマ・プラントフードのご使用方法

 

 

 

さらに詳しく> > > Tama PlantFood