HALO

> >

HALO ~ ハロ ~ ってなぁに?

HALO_HarpinHALOは、「ハーピン(αβ)ブロテイン」を含んだ、従来の活力剤には類を見ない免疫力・光合成量・生長収穫量を効果的に高める植物活力剤です。

「ハーピン(αβ)ブロテイン」とは、作物をむしぱむ病原体が生成するたんぱく質のことで、細胞から抽出生産され、酸性・耐熱性グリシンが豊富なタンパク質です。

 

 

植物は、自身の葉に「ハーピン(αβ)ブロテイン」が付着すると病原体の侵入と判断し、免疫力を活性化させます。「ハーピン(αβ)ブロテイン」は細胞抽出した天然成分で、自然界に存在しているタンパク質です。生態系や人体には害がありません。そのため、有機栽培作物や減農薬栽培作物への消費者のニーズが高まるとともに、安全な農業として、「ハーピン(αβ)ブロテイン」に大きな期待が寄せられています。

 

HALOの効果は?

Harpin-diagramALOを散布すると、最高で光合成が25%アップするため生長速度が大変速くなります。とくにグロウランプをもちいて、一定の光量を確保できる室内栽培や補光栽培などでは効果があらわれやすく、肥料成分の吸収がさかんになります。

栄養吸収・代謝の向上は、プラントの細胞分裂や生命エネルギーをつくりだすメカニズムを円滑にし、タンパク質や糖分の代謝を促すので、生長や花つきをよくして果実の肥大や糖度の向上をもたらします。

根からのカルシウム吸収率が、20%以上ふえます。

生長期(栄養生長)でHALOを与えると、伸長が旺盛になり大きなプラントに育ちます。もしもコンパクトな樹勢にしたい時は、生長期のHALOの散布はひかえてください。

 

 

 

 

HALOは、いつ・どうやって与えるの?

instructions

 

 

 

 

 

 

sprayerHALOは、葉面散布(スプレー)のみ可能です。「ハーピン(αβ)ブロテイン」が葉面に散布されなければ植物の免疫作用は働こうとはしません。

「ハーピン(αβ)ブロテイン」がいったん葉に散布されると、植物は病原体の侵入だと誤解し約2週間ほど免疫自衛作用を活性させます。各生長段階期間ごとに 2〜4回葉面散布します。※生長期にHALOを断続使用すると、大きな樹勢へと育ちます。もしもコンパクトな樹勢におさえたい場合は、開花期以降から散布しはじめてください。

24時間くみおいた水道水、または浄水器で濾過した水道水や RO水で、100〜200倍に希釈して葉面散布します。
HALO: 2.5g/5mlに対して水500ml(100倍)の割合で希釈します。 200倍で希釈すると若干効果はうすれます。

夕方、またはランプの消灯直前にHALOを葉面散布してください。(弱い光の下なら差し支えありません)直射日光や強い光があたっていると、葉を焦がしてしまうおそれがあります。

HALOには、発芽促進効果も認められています。HALOの希釈液に種子を浸しておくと、多くの植物で発芽促進効果がみとめられています。
種子の発芽促進には、HALOの10倍溶液をつくり、撹拌した後30分待ちます。その後、種を10分間浸します。

HALOは、植物の免疫自衛作用をひきだす作用をします。そのため、与えるプラント自体が活発に生長している時でないと、はっきりとした効果は、期待できません。

例えば、毎年でてくる宿根草の場合は、春のシーズンに与えると効果的です。ワンシーズン前のHALOの散布効果は、次のシーズンに生長活動が活発になり反映されます。そのため挿し木をとりたいプラントは、挿し木とりのワンシーズン前にHALOを散布すると、横枝をカットした後に発根しやすく効果的です。

HALOを与えると効果的なタイミングは、対数増殖生長期(新芽や枝分かれがさかんな時)、花芽分化時(開花期に入った時)または収穫の一週間前です。
※各生長段階にうつってからプラントに変化がでてきた前後、例えば、花芽分化時(開花期に入れてから)、実の肥大時、収穫前の肥料抜き開始直前などです。

【 使用上の注意 】
いったん水で希釈したHALOは、数時間以内に使い切ってください。(4時間〜6時間以内)
時間の経過とともに成分が劣化したり固まるため、効果がなくなります。

HALOには農薬や危険物は含まれておりませんが、HALOの粉末や希釈液に、お子様やペットが触れない場所で保管と使用をおこなってください。万が一飲み込んだり、目に入ってしまった場合は、直ちに吐き出させるか、目を水道水で洗浄し、医師に相談してください。

 

main_image_04HALO の成分

形状 — 粉末
活性成分

  • ハーピン(αβ)プロテイン
  • 水溶性鉄
  • 水溶性マグネシウム
  • 水溶性マンガン
  • 水溶性亜鉛
  • 水溶性銅

 

HALO 使用と未使用の比較

Tobacco

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<タバコでの比較 右: HALO使用>

 

c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<シロイナズナでの比較 右: HALO使用>

 

tomatoplants_L

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<トマトでの比較 右: HALO使用>