Clay Pebbles

> >

CANNA AquaClay Pebbles

キャナ・アクア・クレイペブルスは、水耕栽培で安心して使用できる
ハイドロボール(発泡煉石)です。
jp-general-banners-640x480-aqua

熟練ガーデナーが選ぶ、そのユニークな構造のおかげで、すべての栽培プロセスにおいて、肥料やりと湿度管理をシンプルに行いたいガーデナーに、おすすめの培地です。アクア・クレイペブルスは、特殊な粘土から製造されます。そのため、水耕栽培システム・アクアポニックスなどの使用に、非常に適しています。

 

CANNA Aqua Clay Pebbles 

アクア・クレイペブルスは、R.H.P認証を取得しており、数多くの他社ブランド製クレイペブルスとは一線を画しています。高い多孔性と高い含気性のいずれも兼ね備えているため、培地をしっかりとつかむ、頑丈な根が張ります。
pH値は中性の無機培地なので、カビ菌などは含んでおらず、腐りません。根が張りやすい形状をしていて、ひとつひとつ形が違うので、根の生長・発達に適した不均一な構造ができます。そのため、生長期と開花期のいずれでも旺盛な生長をうながします。

canna_aqua_clay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイズ : 約8~16mm(標準的なネットポットに合う大粒タイプ) 

aquaclay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 使用方法 】

はじめて使用する時には、クレイペブルスに付着している茶色の粉塵を水道水でよく洗い流してください。その後、pH値を5.5前後に調整した水に24時間浸し、よく水を切ってから水耕栽培システムにセットすると、クレイペブルスをさらに清潔にできます。
クレイペブルスは、数回ほどは再利用が可能です。通常は水道水で十分に洗い流すだけで再利用できますが、病原菌が出てしまった場合や残留肥料の結晶が多く出ている場合は、熱湯に浸すか、やや強い酸性に調整した水に24時間浸したのち、いずれもよく乾かしてから再利用します。

※キャナ・アクア・クレイペブルスは、培養液、酸素、光、酸性/アルカリ性で変質することのない不活性な培地です。植物の生長を阻害するような成分が、クレイペブルスから培養液に溶けだしてしまうようなことはありません。
また、水道水を汲み置きしたりエアレーションするとpH値は自然に上昇し弱アルカリ性で安定しますがクレイペブルスの影響ではありません。

 

【 キャナ・アクア・クレイペブルスに最適な肥料 】

循環式水耕栽培システム専用に開発された肥料 Aqua Vega と Aqua Flores は、クレイペブルスに最適です。いずれも培養液のpH値が適正範囲内から外れにくい成分設計になっています。培養液のpH値調整は、つくったときの一度だけでOKです。(1〜2週間に一度は,必ずすべての培養液を交換してください。)

aqua_vege_flores

 

 

 

 

 

 

 

キャナ オフィシャルサイトで詳細を見る > > >(日本語)