GIB LIGHTING

> >

Made-in-Germany

GIB ピュア・ブルーム エクストリーム HPS 600Wの登場です。

その確かな品質で日本でも高い評価を得ているGIB XTreme HPSランプが、さらなる進化をとげました。
GIB ピュアブルーム・エクストリームHPS」の構成パーツは、100% Made in Germany

純ドイツ製ならではの、ハイスペックとハイクオリティーを兼ね備えています。
GIB ピュアブルーム・エクストリームHPS」は、開花と果実の肥大を促進させる
効果の高い赤色光領域を中心に放射し光合成量を豊富にします。

PureBloom600W

ピュア・ブルームHPSは、Made in Germany。

made_in_germany

GIB ピュアブルーム・エクストリームHPS」は、トマト、バラ、きゅうり、多肉植物などをはじめとした施設栽培用の果菜類や花卉類の生育に特化した植物育成専用ランプです。光合成効率の高い赤色の光範囲を強化しているため、花が咲きそろい果実が大きく熟していく期間に、収量を増大させるためのサプリメント的な役割の高いHPSランプといえます。
従来のHPSランプと比較すると、光量が高いうえ故障が少なく、コストパフォーマンスとクオリティーを重視する欧州ガーデナーに定評があります。

pure_bloom_spectrum

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GIB Pure Bloom 600W

  •  全光束(lm) : 92000lm
  •  相関色温度(K) : 2100K
  •  点灯方向 : 任意 任意
  •  PAR 1200μmol/s

 

GIB Pure Bloom 400W

  •  全光束(lm) : 56000lm
  •  相関色温度(K) : 2080K
  •  点灯方向 : 任意 任意
  •  PAR 740μmol/s

 

 

生長から開花まで、これ一本でOK。

定番のGIB フラワー・スペクトラムXTreme HPSは、
マルチな育成ランプへとバージョンアップしました。

赤だけでなく青い光線も豊富に放射できるデュアル・スペクトルHPSは、
生長と開花、すべての栽培期間に有効です。

xtreme

 

GIB フラワー・スペクトラムXTreme HPSランプは、
さらに青色の光放射が強くなり、開花、果実の促進だけでなく、
生長期の促進にも効果の高い、マルチな植物育成ランプになりました。

 

構成パーツは、100% Made in Germany

gib-xtremehps2

 

《 開花だけでなく、生長もカバーするマルチなHPSランプ 》

GIB フラワー・スペクトラム XTreme HPSは、栽培効率とコストパフォーマンスの高さを求めるホビーガーデナーにおすすめです。光合成にもっとも効率のよい赤色の光だけでなく青色の光も豊富に放射するので、生長から開花まで、このひとつのランプでOKです。

PAR ( Photosynthetically Active Radiation)とは、植物が効率よく光合成に利用できる光の色の範囲 : 400nm(青付近)と、650nm〜710nm(赤付近)を指します。 PARの値が高いほど、そのランプの光合成効率が高く、開花だけではなく生長促進効果も高いことを意味します。
フラワー・スペクトラムXTreme HPSの分光分布図を見れば、栽培効果の高さが良くわかります。

spectrum

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《 青色の光範囲も強化した「デュアル・スペクトラム」

春から夏にかけて育つ夏野菜が、がっしりと丈夫に早く生長するのに効果が高い光の色は、「青色」です。 地球に届く太陽の光の範囲が広がる季節である春から夏にかけて、植物は太陽光の青い波長を吸収して、さかんに生長します。

一方、開花促進や果実を実らせるために植物がよく利用するのは、赤い波長です。フラワースペクトラムXTremeの赤色光は、花や果実の生産も増大できます。

 

 

GIB Flower Spectrum XTreme HPS 600W

  •  全光束(lm) : 92000lm
  •  相関色温度(K) : 2100K
  •  点灯方向 : 任意 任意
  •  PAR 1180μmol/s

GIB Flower Spectrum XTreme HPS 400W

  •  全光束(lm) : 56500lm
  •  相関色温度(K) : 2080K
  •  点灯方向 : 任意 任意
  •  PAR 750μmol/s

GIBライティングの、生長期用メタルハライドランプ(MHランプ)

GIBライティングのグロウ・スペクトル・ランプ(メタルハライドランプ/MHランプ)は、植物の生長を促進させる効果のある青色の波長をメインに放射します。植物育成に特化して、デザイン・考案されているので厚みのある鮮やかな緑の葉と丈夫でがっちりとした茎の生産を促します。シェードガーデンに向く陰性植物や、弱っているプラントには向きません。

GIB Lighing グロウ・スペクトル(MHランプ)

growth_spectre

 

 

 

 

 

 

 

GIB グロウ・スペクトル 250W

  • 全光束(lm) : 16800lm
  • 相関色温度(K) : 5200K
  • 点灯方向 :  水平または下向き

水平または下向き

 

GIB グロウ・スペクトル 400W

  • 全光束(lm) : 32000lm
  • 相関色温度(K) : 5200K
  • 点灯方向 :  水平または下向き

水平または下向き

 

GIB グロウ・スペクトル 600W

  • 全光束(lm) : 48000lm
  • 相関色温度(K) : 8000K
  • PAR740 μmol/s
  • 点灯方向 : 任意

任意

 

 

GIBライティングのフラワー・スペクトル (高圧ナトリウムランプ/HPSランプ)

GIBフラワースペクトルは、開花・実の肥大を促進させる効果のある波長と、光合成に有効な光束に非常にこだわってデザインされた HPSランプです。例えばトマト・バラ・キュウリ・多肉植物(光を好むもの)・蘭などの育成に最適です。青と黄色・赤の波長を特に多く放射します。そのため、開花期だけでなく、生長期にも使用可能です。

flower_spectre

 

 

 

 

 

 

 

 

GIB フラワー・スペクトルHPS 250W

GIB Xtream 400w

  •  全光束(lm) : 33000lm
  •  相関色温度(K) : 2000K
  •  点灯方向 : 任意 任意

 

 

 

 

【 使用上の注意 】

GIBライティングを点灯するにはナノラックス・バラスト等の専用安定器が必要です。
なお、日本製の水銀灯用安定器、およびアメリカ国内仕様のコイル式安定器では点灯できません。