GoGro

> >

毎日の水やりに、さようなら !!!

自動ウォータリングシステム GoGro は、" 汎用性 " を第一にデザインされた、史上もっとも使いやすく洗練された底面給水システムです。ココ栽培や、ソイル栽培(ポッティング・ミックスなど)の、毎日の水やり仕事に、さようなら!
あなたを手間から劇的に解放します。

 

水やりを手軽に

「 GoGro 自動ウォータリングシステム 」で、もっとカンタンに栽培をたのしみましょう! 日々の水やりは必要ありません。リザーバータンクに水(培養液)を入れるだけで、自動的に水やりしてくれます。リザーバータンクの水が減ったら足すだけ、それ以外の水やりはなにもしなくてOK。電気は使用しないのでもちろん 水中ポンプは必要ありません。また、設置場所も選びません。

announceimg

セットアップは無限大

「 だれにも、どこにでも柔軟に対応」 できる GoGroシステム は、多くの GoGro を セットアップするときでも、 「 延長キット 」で、カンタンに増設と連結ができます。 たとえば、100コの GoGro を連結させるために必要な時間は、たったひとりで 2時間足らず ! 簡単で無限大にセットアップできます。

announceimg

What is GoGro?

英国生まれの GoGro は、英国のHydro Garden社と、農業資材製造メーカーによる共同開発商品です。

1996年創業の Hydro Garden は、ハイドロポニックスについての豊かな経験と知識を活かした製品開発をおこなっています。

GoGroは、ココ培地の栽培または、養液土耕栽培などでのハイドロポニカリーな自動イリゲーション・システムを専門に開発しているプロフェッショナルな技術者と共同で考案、開発されました。

 

GoGro バルブ

特許を取得した GoGro バルブは、底面トレーの水位を自動的にコントロールする GoGroシステムの中心をなすパーツです。 毛細管現象の原理で、ポットの中の培地に常に適度な水分をおぎなうので、どんな環境や気温でもプラントは決して水切れを起こしません。 この GoGro バルブは耐久性のあるABS樹脂製であり、あらかじめ組み立てられているのでセットがカンタンです。 シンプルな構造が、最大の効果を発揮します。

announceimg

GoGroモジュール

GoGroモジュールのパーツはすべて、英国製。耐久性が高く高品質です。豊富な収穫と、汎用性の高さを第一にデザインされています。GoGroバルブは、その他のどんな自動ウォータリングシステムよりも、確実で柔軟な自動潅水を実現します。またトレー内では、GoGro ラウンドポットの向きをスムーズに回転できるので、もしもトレーの外に根が伸び出してしまった時は、ポットをくるっと回転させればトレー内に根をおさめることができます。または、ポットの底にあらかじめコントロール・ディスクをしいておけば、根がはみ出したり傷んだり、といったトラブルを防げます。

announceimg

GoGro底面トレー

GoGro底面トレーは、GoGroラウンドポット15L、25Lの両サイズに対応可能です。さらに鉢底が25cm〜29cmの丸いポットであれば、市販のさまざまな植木鉢が GoGro で使えます。つまり、大人気のエアロポットや、個性的なデザインのスーパールーツ・エアーポットでも、GoGro 底面トレーにセットして自動給水で管理することができるのです!!!

announceimg

様々なポットでGoGro

GoGro が、もっとも使いやすさを追求した点は、「 様々なポットへの対応力 」です。 GoGro ラウンド・ポットは、一般的にもっとも使われている 15L と25L のふたつのサイズから選べます。しかも、GoGro底面トレーは、どちらのサイズにも対応しています。 さらに、丸い鉢底のポットなら市販のどんなポットでも GoGroシステム で使うことができる、かつてない柔軟性が魅力です。

announceimg

4つの GoGro と、ひとつのリザーバーが、基本ユニット

GoGro とリザーバータンクの連結には、つまりにくく柔軟な13mmホースを使用。

どんな形状のグロウスペースでも、自由自在にレイアウト。

4つの基本ユニットを並列させれば、無限大に増設が可能です。

ひとつの GoGro でじっくり育てるミニマムな栽培も、もちろんOKです。

 

GoGro システムセットアップ

たとえば、左下図のように GoGro モジュールを 4つ連結してシステムセットアップする場合は、20〜40リットル容量のリザーバータンクひとつ、リザーバー接続キットを1セット、内径12〜13mmホースを4メートル(ひとつのGoGroモジュールにつき最大50cm必要)、でOKです。

尚、右下図のように GoGro モジュールを 5つ増設する(ラインを一列増やす)場合は、45〜90リットル容量のリザーバータンクに変更し、ライン延長キットを1セット、内径12〜13mmホースを栽培ラインの距離分(ひとつのGoGroモジュールにつき最大50cm必要)、でOKです。

 

 

GoGro リザーバー接続キット 

GoGroには、GoGroモジュールでシステムを組む場合、リザーバー接続キットひとつと内径12〜13mmホースが必要です。リザーバータンクの給水口の接続は、13mmホースコネクターまたは、13mmアダプター(3/4”BSPネジ付)の給水口に合わせてどちらかを選んで下さい。接続はカンタンです。

リザーバータンクの設置は、 GoGroシステムより、15cm程のすこし高い場所に設置するだけです。リザーバータンクは、やや高めの場所に設置するほど水流が早くなり、給水がスムーズになります。

メインの給水ホースは、つまりにくく水流が多い内径13mmホースなので、すべてのGoGroシステムにスムーズに培養液がいきとどきます。

 

GoGroシステムのラインを増やす

GoGroシステムに、GoGroモジュールを一列増やすごとに、ライン延長キット(チーズ,エルボ,インライン・コック)ひとつと内径12〜13mmホースが必要です。

announceimg

GoGroバルブが、パーフェクトに水やりをできるしくみを見てみましょう。